Go Eco

サステナブルとにデザインされた製品をオーストラリアから届けます。

JAUでは、オーストラリアで生まれた個性豊かで美しいデザインを日本へ紹介しています。サステナブルな製品が持つストーリーを日本へもお伝えできることを嬉しく思います。

私たちは、オーストラリアのデザイナーたちの生産方法を日本でも共有していきます。廃棄を最小限に抑え、廃材を再利用し、リサイクル可能で自然分解できるよう考案されたものです。

ここからは、素敵なデザイナーたちと彼らの製品を紹介します。

See products

メディア掲載

売上の1%を地球環境の向上を支援する1% for the Planetという団体に寄付させて頂きます。この素晴らしい地球が、より良い場所となりますように。

Subtle Bodies

再生可能な素材

エシカル

by Courtney Gibbs and Tommy Ashby

コートニー・ギブスとトミー・アシュビィはメルボルン出身のお香のデザイナー。合成香料は一切使わず、自然由来の木材のみを使用しています。ほとんどのお香に人工的な香料が配合されていることに不満を感じていたことが、二人がブランドを立ち上げたきっかけだそうです。

二人は、木材を取り寄せている農園がサステナブルに管理されているかどうかを確かめ、違法な農園からきたものではないか、木材に他の木材が混ざったりしていないかに気をつけ生産しています。こうして選りすぐられた木材が、彼らの製品の芳香を自然で香り高いものにしています。

Henry Wilson

リサイクルしやすい

長く使える

By Henry Wilson

ヘンリー・ウィルソンは、素材一つで画一的な作品を生み出すことに非常に長けた人物です。彼はAesopの店舗やインテリア製品を手がけるデザイナーであり、作品に使用する原料を慎重に選んでいます。再利用するときになるべく分解しやすいよう、材料はなるべく少ない種類で抑えています。例えば彼のランプには、プラスチックやゴムパッキンは使用されておらず、銅やアルミのみが使用されています。電気系統の構成もとても単純で、ケーブルをたった一回切るだけで取り外すことができるのです。しかし彼の作品は実用的で美しく、何世代にも渡って長くお使いいただけるものです。

ヘンリー・ウィルソンのストーリーを読む

Seljak

By Karina and Sam Seljak

リサイクルしやすい

再生可能な素材

リサイクル素材

エシカル

セルジャックは、世界的にみても最もサステナブルで素敵なリサイクルメリノウールを使用したブランケットを作っています。

オーストラリアのブリスベンにて、サムとカリーナ・セルジャックの二人の姉妹が始めた同ブランドです。ブランケットはリサイクルウールなどの端切れを利用して作られています。セルジャックは使い終わったブランケットを回収して、また再利用し新しいものを作り出します。彼女たちのストーリーは環境や人権に対する思いにあふれ、そしてそれらを物づくりに融合させて高品質の製品を生み出しています。

セルジャックのブランケットはダブルベッドでも十分覆えるほど大きく、オーストラリア国内外のホテルで採用されています。ヨガスタジオ、カフェ、そして環境を考慮したビジネスを展開する様々な場所でも使われています。

ここだけでは全てをお伝えできないので、ぜひ日本語のウェブサイトにて詳細をご覧ください。

Seljakのオンラインストアを見る

Champ

By Lauren Steller

リサイクル素材

リサイクルしやすい

オーストラリア・メルボルンのローレン・ステラーによるデザイン。リサイクルされた飛行機のタイヤや他製品を作るときに出たゴムの切れ端を使用し、ジュエリーやテーブルウェアを制作しています。

建築家としての経験がデザインに反映されており、製品の形や素材、色や奥行きからもそれがみて取れます。

Champのオンラインストアを見る

Botanica

生分解性材料

リサイクル素材

再生可能な素材

By Lesley Williams

レスリー・ウィリアムスはとても多彩で、工業デザイナー、グラフィック・デザイナー、歌手、音楽プロデューサーとして活躍しています。彼女のボタニカ・ブティックでは、「屋外を持ち込む」という哲学の元、ミニマルかつ手入れが簡単な環境システムの中で、誰でも苔や熱帯植物を育てられるテラリウムとプランターのシリーズを手がけています。

テラリウムを含む彼女のサステナブルな製品は、リサイクルプラスチック、生分解性コルク、木材から作られています。テラリウムのガラスは熟練の手吹きで形成され、トップに集まった結露が自然と苔へ落ちるような形になっています。苔は環境に優しい植物で、テラリウムで育てる場合は肥料や害虫駆除剤が必要ありません。また、当テラリウムで苔を育てる場合は土が要らない所も特徴の一つです。また、当テラリウムで苔を育てる場合は土が要らない所も特徴の一つです。

Botanicaのオンラインストアを見る

売上の1%を地球環境の向上を支援する1% for the Planetという団体に寄付させて頂きます。この素晴らしい地球が、より良い場所となりますように。

Amazon
American Express
Apple Pay
Daily Yamazaki
FamilyMart
Google Pay
JCB
Lawson
Mastercard
Ministop
PayPal
7-Eleven
Shopify Pay
Visa

ニュースレター登録

JAUのInstagramをフォロー / ニュースレターを登録して、オーストラリアからのデザイン製品の最新情報を受け取る